年  表

内        容
明治10年 10月 福岡県浮羽郡吉井町(現:福岡県うきは市吉井町)にて
創業者鳥越彦三郎が米穀・日用雑貨取扱業開始
昭和10年 12月 株式会社鳥越商店設立(資本金5万円)
昭和15年 10月 米穀配給統制令により製粉・精麦業に転換
昭和20年 7月 政府の委託加工工場の指定を受け小麦粉・押麦の委託加工を行なう
昭和26年 9月 製粉部門で全国唯一の経営合理化モデル工場として
中小企業庁長官より表彰を受ける
12月 鳥越製粉株式会社に商号変更
昭和27年 10月 火災により製粉、精麦工場を焼失
昭和28年 2月 精麦工場再建
4月 鹿児島出張所(後に営業所)開設
8月 製粉工場再建
昭和29年 5月 福岡出張所(後に営業所)開設
10月 業界で初めての行事として第1回「パン経営技術総合研究会」開催(以後毎年開催)
昭和35年 3月 日本で最初のフランスパン専用粉「フランス印」発売
昭和37年 8月 東京事務所開設
9月 東京証券取引所市場第二部および福岡証券取引所に株式を上場
吉井プレミックス工場完成
11月 パン経営センター(現在の食品経営センター)設立
昭和38年 1月 大阪営業所開設
12月 社長鳥越繁喜が国際アメリカン協会(米国)からアカデミー賞受賞
昭和39年 6月 広島連絡所(後に営業所)開設
昭和44年 10月 フランスパンのモデルベーカリーとして福岡市内に「カルベル」をオープン
昭和47年 4月 株式会社長崎アンデルセン設立
11月 本社研究所完成
広島製粉工場完成
昭和48年 7月 東京営業所開設
昭和50年 3月 日本唯一(当時)のライ麦製粉工場完成
4月 ライ麦粉発売
昭和53年 1月 ドイツパン研究会発足
5月 大阪プレミックス工場完成
昭和54年 9月 仙台営業所開設
11月 米国、ドーン社と技術提携
昭和57年 3月 福岡製粉工場完成
昭和58年 6月 ドイツ、ウルマシュパッツ社と業務提携
昭和63年 9月 米粉50%入り、国内産小麦使用の天ぷら粉「揚げ上手」発売
平成元年 1月 イノベイトを開発・販売開始
4月 本社機構を福岡市博多区祇園町に移転
平成2年 11月 東京プレミックス工場完成
小麦粉・プレミックス事業で農林水産大臣賞受賞
平成3年 12月 寺彦製粉株式会社の全株式取得
平成6年 12月 米国、ローマンミール社と業務提携
平成8年 1月 「欧風食事パンの製品開発と普及」が食品産業技術功労賞(国際部門)受賞
平成9年 5月 オーストラリア、マウリフーズ社と業務提携
平成10年 6月 東京証券取引所市場第一部に指定替え
10月 福岡市博多区比恵町に新本社社屋完成移転
11月 東京第二営業所開設
平成11年 2月 社長山下義治がフランス農業水産大臣より農事功労賞受章
10月 福岡工場がISO9002認証取得
平成12年 1月 「ビスコイ・デ・ポービリアミックス」が食品産業技術功労賞(技術・アイディア部門)受賞
7月 広島工場がISO9002認証取得
平成13年 7月 精麦カンパニーがISO9001 (2000年改訂版)認証取得
平成14年 1月 国内産小麦による画期的なパン専用粉「そめいよしの」発売
12月 「そめいよしの」が食品産業技術功労賞受賞
平成15年 1月 「そめいよしの」が新技術・食品開発賞受賞
平成19年 11月 糖質オフのダイエット&健康パン「パンdeスマート」発売
平成20年 11月 「パンdeスマート」が食品産業技術功労賞(技術・アイデア部門)受賞
平成21年 4月 ドイツパン研究会活動再開
4月 福岡工場がISO22000(2005年版)認証取得
7月 広島工場がISO22000(2005年版)認証取得
平成22年 11月 「フランス」印が食品産業技術功労賞を受賞
平成23年 1月 寺彦製粉株式会社を吸収合併し、鳥越製粉株式会社 静岡工場とする。
平成24年 3月 名古屋営業所開設