ゲランドの塩(セル マラン ド ゲランド)

 フランス・ブルターニュ半島南部のゲランドの塩田では、伝統的な製塩法を守り続ける熟練の塩職人たちが手作業で海塩を収穫しています。

 まず、海水を貯水池に取り込み、太陽と風の作用によって塩分濃度を高め結晶化させます。そして、結晶池に沈殿した粒の大きな結晶を収穫し、乾燥させたのち、顆粒状に挽いて袋詰めを行っています。

 このようにして出来上がったゲランドの塩(セル マラン ド ゲランド)は、とてもマイルドで溶けやすく、自然で独特な香りがします。


 ゲランドの塩は、フランス有機農業推進団体「ナチュール・エ・プログレ」が定めた独自の食品安全基準を満たしており、同団体より認証マークを授けられています。



戻る